本当に大丈夫?ペット保険の正しい選び方のポイント

ペット保険の基礎知識

人間と同じように、家族の一員でもあるペットも急な体調不良や病気にかかる可能性がありますよね。さらに交通事故などでケガをすることだってありえます。そんなペットの「もしも」に備えて、通院や治療に関する費用面で保障を受けられるのが「ペット保険」というものです。ペット保険の大まかな仕組み、保険化入社が毎月少しずつ掛け金を支払っていきます。その掛け金を、保険団体などが積立金として準備しておきます。そして、補助が必要になった飼い主さんに「給付金」という形で保険金が支払われるというシステムです。

ペット保険の保障タイプは3つある!

ペット保険とひとことにいっても、実は種類があります。それは「定額保障」「実額保証」「定率保障」の大きくわけて3種類にわけられます。定額保障とは、治療費がいくらかかったかではなく、1回当たりに規定されている保障額が支払われるというものです。実額保障とは、規定の補償限度額まで実際にかかった医療費が給付されるというものです。定率保障は、実際にかかった医療費に対して、事前に洗濯した保障率によって給付額が決められるというルールです。

何を基準にして選んだらいいの?

ペット保険は色々な会社からサービスを提供しています。選択肢がたくさんありすぎて、選ぶのが難しいという事もあります。そこで、ペット保険を選ぶ際におさえておくポイントは、自分なりの基準を設けることです。まずは実績のちゃんとある団体を重視するといった選び方や、あまり貯金がないので経済面での保障がしっかりしているところがいいといった基準、できる限り安いところがいいといった選び方があります。したがって、まず自分の経済状況を把握することが肝心です。

ペット保険とは、ペットが病気やけがをした時にかかった費用を補てんする制度です。一定の割合で補てんする場合と全額補てんする場合とがあります。保険会社によって掛け金も様々です。